前へ
次へ

教育現場にも激震児童虐待の実態を憂う

どうしてこんな事が起きてしまったのでしょうか、千葉県で親から虐待を受けた生徒が学校に救いを求めたにも拘わらず、そこからの連携がうまくいかずに、尊い命を奪われてしまった事件。
この事件は、教育の現場にも激震が起こったのではないかと想像します。
「躾」と、云う、親の身勝手な解釈により虐待され続けた子どもさんの事を考えると、怒りが込み上げて来るのをふつふつと感じるのです。
いじめについてのアンケートに親からいじめられていると明かし、児童相談所に一時避難したまでは良かったのですが、その後、高圧的な親の態度に屈する様に、アンケートのコピーを見せてしまったばかりか、適切なフォローもされないまま一時避難の解除を決めた一連の対応には、驚きを隠せません。
もう二度とこうした児童虐待が起きない様に、特に教育の現場では子ども達への継続的なケアを充分に続ける様に求めたいものです。
警察とも連携しながら、毅然とした態度で、こうした親にも対処できる人材を育てる事も重要ですね。

Page Top